胃腸を強くする方法.com » 第5腰椎分離症

第5腰椎分離症

第5腰椎分離症の発症部位である腰椎は、骨盤の真ん中に位置する仙骨の上にきれいに湾曲を描いて5つ積み重なっています。

またこの湾曲性を維持することで、腰の機能が十分に発揮することができますが、この分離症は、腰椎の関節を構成する骨が分離してしまった状態を言います。この原因は、ほとんどが13歳頃に激しいスポーツトレーニングをすることで、負荷がかかりすぎ、疲労骨折を起こしたものであると考えられています。

また、5つあるうち、ほとんどが5番目に見られます。腰椎分離症といえば、第5腰椎分離症といってしまっても問題ないでしょう。

トレーニングしている最中や歩いているときなど、急に腰痛が起きてしまい、整形外科で診察を受けると、まずはレントゲンを撮影して患部をチェックします。そして分離症が腰痛の原因であることがわかれば、まずは安静にするように指示を受けるでしょう。

この場合、早期の分離症発見ですから、癒合する確率が高いため、スポーツのトレーニングを中止することが望ましいでしょう。

主に腰を後ろ側へ反らせるような動きをすると痛みは増します。その他にも長時間の立ち仕事や腰を曲げながらの作業などでも同様です。痛みが無い場合、定期的に軽く筋力トレーニングをすれば、症状の改善は早くなります。

これは筋肉や靭帯が強ければ強いだけ骨を支えるコルセットとしての役目を果たすためです。腰痛は多くのケースでは、だんだんと回復していきます。

しかしながら、成人以降に発見された場合、上手に治療をしなければ、それ以上に進行する可能性も高くなります。多くは、分離症からすべり症へと進行してしまい、その後で分離症がわかる、ということになりがちです。

成人してしまい、癒合の可能性も低く、そのまま保存療法を適用しますが、うまく治療をすれば痛みの症状は完治できます。

また完治した後で重要になるのは、常に腰に気を使うことでしょう。ストレッチや筋力トレーニングを欠かさずに実施していくことが望ましいでしょう。