胃腸を強くする方法.com » 治療について

治療について

腰椎の関節突起が疲労状態になり離れた状態になるのが腰椎分離症です。そしてその二次的な症状となるケースが多い腰椎分離すべり症は、椎間板ヘルニアのように重度の症状になる場合もあり、下肢が痛んだりしびれたりします。

レントゲンで見た場合、椎体が前方に転位した状態で、少し無理をしてもかなり痛みが走ることがあります。治療に際してはまずそれが分離すべり症であるかどうかをレントゲン検査します。

また、MRI検査もします。すべり症の改善には日常生活において腰に負担がかからないように注意することが必要、ということも患者に対してよく説明されるでしょう。

また、できれば痩せることも義務付けられる方もいらっしゃるでしょう。そして腹筋を鍛えるように言われるのも、すべり症の特徴です。そうすることで腰への負担を減らし、すべり症の改善に繋がるのです。

すべり症ではその他、薬物治療や牽引、温熱療法も効果的です。ブロック療法を用いる場合もあります。腰椎すべり症の治療は基本的に保存療法で、痛みの基本的な治療方法である薬物、温熱、牽引、体操などの療法を用います。

そしてすべり症の症状が強ければブロック注射をする場合もあります。このような保存療法での効果が現れず、またその後も期待できないという場合には、やはり手術が検討されます。トレーニングで治すという場合、合理的なトレーニングをすることがまず大切でしょう。

すべり症では、腰の痛みや場合によっては下肢の痛みもありますので、病院によっては軽くなった状態でも運動を禁じているところもありますが、してはならない動作や姿勢というものをきちんと守り、筋力を鍛えることによってすべり症治療の運びがよくなるという場合も多いようです。

特に整形外科でのすべり症治療においては、コルセットでの固定や運動の禁止を言われることが多く、痛みこそ軽減され、動きが多少鈍くなるにせよ生活がよりうまくできるようになりますが、筋力は下がる一方です。

もちろんこの状態で勝手にはずすのではなく、医師に相談して腹筋を鍛えたい、というような申し出をすることが肝心です。