胃腸を強くする方法.com » 優しい食べ物について

食べ物について

毎日、仕事や家事、学業など忙しい毎日をすごしている現代人は、食事も不規則になりがちです。

睡眠時間などがあまりとれない方もいらっしゃいます。また 様々なストレスなども受け胃腸の調子が良くないなと感じてる人も多いかと思います。胃腸の調子が良くないと何かをしなければならなくても集中出来ませんね。

胃が痛かったり下痢気味だったりすると仕事や学業にも影響が出てしまいます。では、胃腸に良い食べ物悪い食べ物をご紹介します。怪我をしたら治るまで怪我をした部分を休ませますよね。それと一緒で胃腸も弱っている時には休ませるのが一番です。

しかし、いつまでも何も食べないでいるという事は出来ません。そんな時には胃腸をいたわるようにに優しい食材を選んで食べましょう。基本的には刺激の少ないものになります。まずは定番のおかゆです。胃に負担をかけないのでご飯や麺類などよりも消化がいいです。

あまり知られていませんが消化を助ける食材として山芋があります。大根やかぶも消化を助ける効果があります。キャベツに含まれているビタミンUは胃酸の分泌抑制や、胃粘膜の再生を促進します。ビタミンAが含まれるかぼちゃやホウレンソウも良いです。

タンパク質を含むかれいや鯛などの白身魚も消化器官に優しく栄養がある食材です。汁物では野菜や豆腐を具にした味噌汁がおすすめです。飲み物は、胃が弱っている間だけ白湯やスポーツ飲料水などにしましょう。温かい飲み物でしたらホットミルクがいいでしょう。

胃の粘膜を保護してくれます。あまり冷たく冷やしたものは胃に負担になりますので避けましょう。カフェインの多いものや辛い食べ物、油脂の多いステーキや焼き肉などは、消化器官が弱っている時には食べないようにして胃を休ませてあげましょう。

美味しいものは胃や腸が治ってから食べるようにして下さいね。お腹や胃の調子が治ったからと言ってくれぐれも食べ過ぎないように注意しましょう。

また、酢生姜は胃や腸にとても優しい食べ物なので、胃や腸が疲れていると思ったらぜひ摂取してみてください。とてもお勧めです。