胃腸を強くする方法.com » 漢方薬で体質改善

漢方で体質改善する方法

胃腸が弱くて外出先でも不安で仕方ないという人や、市販の薬を飲んで痛みや不快な症状を堪えながら毎日、仕事をしているという人もいるでしょう。

市販のものや病院で処方された薬も効果があると思いますが、少し視点を変えて東洋医学を試してみてはいかがですか?

日本には東洋医学があります。これには古い歴史があります。病院で処方されている薬にも東洋の知識から生薬の成分が多く取り入れられて処方されている事をご存知ですか?知らないうちに日本の古くから伝わっている知識や歴史に私達は助けられていたのです。

東洋医学では悪いところだけを治すのではなく根本から治す、体の中から整えていき体質を改善するという考え方です。

短期間に急に目に見えてに良くなるわけではありませんが、体質を根本から改善していくことで長い目で見れば、その方が丈夫で健康な体になるので、漢方薬や整体、鍼やお灸などの効果を試してみようと思われて利用される方も多くいるのです。日本にこの処方が取り入れられたのは5~6世紀と言われています。

5世紀~6世紀といえば日本は古墳時代から有名な聖徳太子がいた飛鳥時代です。随分、古くから取り入れられていたのですね。

長い間の研究や成果は証明されていますから試してみる価値はあると思います。東洋の考え方からすると胃腸が弱ったり悪くなるという事は全身が弱くなる悪くなると言った考え方です。漢方薬は普通にドラックストアーにも売っています。

ドラックストアーに売られているのは胃腸の色々な症状に効くもので 一般的な薬でいう総合胃腸薬になります。

また東洋医学と西洋医学の勉強を積んだ薬剤師がいる薬局で売られている薬はその人の症状を聞き、体格やアレルギーを考慮しながら、現在服用している薬などを聞いて飲み合わせや副作用はないかなどを考え、オーダーメイドで作ってくれるあなた個人だけのものです。

市販の胃腸薬や病院に行って受診をして、どうしたら治りますか?と聞いても体質ですね、ストレスをためないようにしましょうと言われ痛みや同じ症状を繰り返しているという人はどうにか良くなりたいと思います。特にストレス性のや心因性が原因の方はなかなか原因を除く事は難しいのです。

精神を落ち着かせたり自律神経への効果も取り入れて作ってもらった漢方薬の効果を試してみるのもいいでしょう。