胃腸を強くする方法.com » 頚椎ヘルニア

頚椎ヘルニア

「頚椎ヘルニア」と言えば、首周りで発症する疾患で、痛みやしびれを伴うイメージなのではないでょうか頚椎ヘルニアと向き合うには、まず、頚椎ヘルニアを深く理解する必要があるでしょう。

頚椎ヘルニアは、椎間板に亀裂が入ることで、内部の髄核が飛び出した状態を言います。椎間板の機能の異常は、頚部痛などの痛みを引き起こします。

また、外部に露出した髄核は、頚椎内部に存在している脊髄や神経根などの神経組織を圧迫することになり、その結果として手足のしびれ、痛み、運動麻痺まで、多岐に渡る様々な神経症状を引き起こします。

発症しやすい年齢層は、頚椎への運動負荷が最も多くなる30~50代だと考えられています。しかし、スポーツなどによる運動負荷や、遺伝的要因など、年齢にかかわらないことが原因となる場合もありますし、頚椎の外傷が原因となって発生することもあります。

外傷性の場合は主に交通事故などが挙げられます。後ろから追突されたり、事故による衝撃で首を持っていかれたために、症状を引き起こしてしまう方が多くいます。

そのため、必ずしも30~50代のみに発症する疾患というわけではなく、年齢に関係なく発症してしまう疾患だということが言えるのです。