胃腸を強くする方法.com » たばこについて

たばこについて

たばこを吸う人には腰痛や坐骨神経痛、腰椎椎間板ヘルニアの発生率が非常に高いということで、研究者の意見はほぼ一致しています。

アメリカの医科大学の調査によると、過去に吸ったことのある人では、吸わない人の約2.3倍の腰椎椎間板ヘルニアにかかる危険率があり、また、現在も吸っている人では、吸わない人の3倍の危険率があると言います。

煙草は、腰の椎間板に障害を起こす危険因子とみてまず間違いないでしょう。では、煙草はなぜ腰に悪いのでしょうか。吸うことで咳をすると椎間板の内圧が上昇するので、そのために椎間板の異常が起こり腰痛が起こるのだろうという意見もあります。

アメリカの医科大学の研究者は、一本に含まれているのと同量のニコチンを犬に注射したところ、椎体の血流が減少したと述べています。

たしかにニコチンは血管を収縮させ、血流を減少させる作用があるので、脊椎の周囲の血流を障害することによって、椎間板の代謝になんらかの悪影響をおよぽしているのであろうと考えられます。

椎間板に含まれている糖タンパクは、強い免疫作用を持っています。たばこを吸う人の血液には、免疫現象に関係する白血球やリンパ球などが増えるので椎間板の自己免疫の仕組が変わり、その結果、椎間板の変性が起こるのではないかという考えです。

ここで腰の痛い人への忠告です。現在たばこを吸っている人で、腰が痛い、坐骨神経痛があるという人は摘み止めを飲むより、煙草を今すぐにやめてみましょう。煙草をやめた人の腰痛や坐骨神経蒲の発生率は、たばこを吸わない人と同じになるのです。