胃腸を強くする方法.com » 手術の可能性

手術の可能性

脊柱管狭窄症の場合、多くの方は、医師から「保存療法にしましょう」といわれます。しかし必ずしも安静したりリハビリをするなどの方法で治るとも限りません。

脊柱管狭窄症の状態によっては、手 術をするよう勧められる場合もあります。また、保存療法はどうしても長期的なものになるので、早く痛みを取りたいという方などは保存療法を取らない場合もあります。

では、医師から手術を勧められる場合、脊柱管狭窄症の状態はどのような方が多いのでしょうか。保存療法には、薬物療法や理学療法などさまざまあり、個々に合った方法で行い、経過をみていきます。この方法でほとんどの方が回復・軽減するのです。

ですが、なかなか効果が出ず、脊柱管狭窄症の改善が上手く進まない方もいます。その場合、手術となります。

また先程、症状の1つとして排泄障害をあげましたが、この症状がある場合も手 術適応となります。他、「仕事柄、今治しておきたいんです」という方なども、希望すれば状況に応じては可能です。

脊柱管狭窄症の手術は、ほとんどの場合予後は良好といわれていています。最近では内視鏡での手術なども行えるようになり、身体的・精神的負担が軽くて良いと、実際受けた方には好評です。

また入院期間も他の方法に比べて短く済むため、仕事など日常生活への影響も比較的少ないでしょう。気になる症状があるという方、まず1度病院へいってみましょう。