胃腸を強くする方法.com » 様々な治療方法

様々な治療方法

頚椎ヘルニアの治療法を聞いてどんなものが思い浮かぶでしょうか。すぐに手術しなければならないとではとお考えの方はご安心ください。頚椎ヘルニアでも発見が早かった場合は手術をしなくてもいい方法が存在します。

症状がまだ頭痛や肩こりといった状態の比較的早期に発見された頚椎ヘルニアの場合は、マッサージやストレッチといったリハビリテーションで改善できます。痛みがひどい場合は動かしたりすると逆に悪化することがあるので、先に頚椎ヘルニアの痛みを和らげます。

たとえば楽な姿勢で頚椎の負担を和らげる安静療法や、神経や神経周辺の組織に局部麻酔を注入して痛みを和らげる神経ブロック注射などで痛みを和らげてからマッサージやストレッチなどの体を動かすことを行います。

ただ安静にしているだけで治療に影響するのかとお思いの方もいるでしょうが、どんな病気でも安静にするのは大切なことです。

安静にすることで自然治癒力を高めることを保存療法といい、れっきとした改善手段のひとつです。ブロック注射も短時間で痛みを和らげることができる方法ですが、恒久的に痛みを取り除けるわけではなく、あくまで一時的なものなので、その後のケアが回復のカギを握っています。

頚椎ヘルニアの痛みが和らいだ後のリハビリの一つにかなりの効果が期待できる牽引という治療法があります。専用器具を使って頭を吊って首を伸ばしたり曲げたりするなどの首回りを動かす運動をして頚椎ヘルニアを治療します。

この牽引は見た目によらず効果があり、初めは効果が薄くとも長期間行えば必ず良い効果が表れるといいます。ただ、専門家の意見を聞かず自己判断で変な方向に力を加えて逆に悪化してしまった例もあるので行うときはきちんと専門家の意見を聞くようにしましょう。

そのほかにも鍼灸など頚椎ヘルニアには様々な手段がありますので、専門の医師と相談して自分に合った方法でしっかり治していきましょう。