胃腸を強くする方法.com » 昼寝のコツ

昼寝のコツ

健康によいものとして「昼寝をする」という習慣があります。特に夜疲れている時や、精神的な疲労感があるときは、定期的におこなうようにするとよいでしょう。

まず、リラックスができるようになります。ストレスがたまると、イライラしたり、怒りっぽくなったり、冷静な判断ができなくなります。

睡眠には、「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と熟睡しているときと、浅く寝ているときの2パターンに分けることができますが、両者を交互に取ることによって、脳を落ち着かせて、ゆったりとした気持ちにすることができます。

ただし、徹夜や睡眠不足、業務が多忙になり、残業などが多くなるなどすると、生活のリズムが崩れ、うまく調整ができなくなってしまうことがあります。

それらを避けるためにも、もし睡眠が不足していると感じたら、1、2時間程度でよいので取り入れるようにするとよいでしょう。

ただし、業務時間などで制限があり、無理な体勢で寝ようをすると、腰や肩などに負担がかかり、のちのち痛みが残るようなことになってしまうので、出来ることであれば避けた方がよいといえます。

無理な体勢はできるだけさけ、リラックスできるときに効果的に取り入れるのがよいといえます。自然な形で、首や肩などを痛めないようにして、スムーズに眠れるように意識をしておくと、自然と疲労感も少なくなります。

また、寝る前に軽く食事などをしておくと、よりリラックスできます。眠るときは、付近に水分補給ができるようにペットボトルなどを近くに置いておくと、気軽に補給できるので楽です。

コーヒーなどよりは、お茶類で体に対して負担が少ないものを選ぶようにするのもよいいですね。眠るときは、パジャマなど出来るだけ軽装にしておくと、全身の緊張感がほぐれるので、なおよいでしょう。

無理のない形で、リラックスできるように昼の睡眠をうまく取り入れるようにしてくださいね。