胃腸を強くする方法.com » 日本フットケアサービス株式会社

日本フットケアサービス株式会社

フットケアで大切なのはまず靴との一体化であると言われています。フットケアで言う一体化とは、自分に合ったものを選ぶことです。

合わない靴、たとえばハイヒールなどを代表とする足に合わないものを履くことで起こる影響はとても多く、腰や膝にも悪い影響を及ぼします。

ですがぴったり合ったものを選ぶことは容易ではありません。特に輸入を中心とした若い方の選び方では、なかなか満足いくものがないのにファッション性を重視してしまうという例が多くあります。

日本フットケアサービス株式会社では、様々な症状を軽減させるために靴やインソール、または足底板などの製作をしています。

病院の処方に基づいた様々な製品を製作し、また治療プログラムのフォローにも積極的に取り組まれています。

足のむくみや疲れ、指の痛み、踵や外反母趾、ハンマートゥなど、人によって足の症状は様々ですが、どのような対応策が必要なのか、あるいはどの診療科を受診すればいいのか、などの点についてもアドバイスを受けることが可能です。

専用靴の製作にはある程度の費用がかかります。また既成のものよりは高めですが、医療保険が適応できる場合もあります。

この会社は京都と仙台に事業所がありますので、近くの病院であれば直接フットケア視点からの選び方や、製作をサポートしてもらえるかもしれません。

特に高齢者の方はフットケアの知識を持って足元から気を配ることが大切です。要介護状態を予防するためには、筋力アップを主体に考えるべき、という考え方が広く普及していますが、フットケアをしないと例えば爪の病気によって転倒の可能性が大きくなることも充分に考えられます。

また外出した時にも靴が原因で転倒事故を起こす例が増えています。超高齢化社会に入ってきた日本において、お年寄りが外に出て活動的になるためのサポートとして、フットケアの視点も非常に大切です。

また若い方でもフットケアを考え、新しく健康的なものを選びたいという方が増えているそうです。フットケアから見る医療、健康の世界は、今後もどんどん進歩してくると予想されます。