胃腸を強くする方法.com » 再生住宅とは?

再生住宅とは?

古い住宅を再生するということで、リノベーション再生住宅と呼ばれることがあります。より生まれ変わるという意味の強い感じが受ける表現として使われています。

古くなったマンションやアパートの骨格はそのままにして、外観、エントランスなどを皮切りに部屋の内装などもトータルに新しくするということになります。

ですから、リノベーションという言葉を知らない人が見ると、もしかしたら、新築と間違える可能性があります。それほど劇的に変わるわけです。再生という意味がよくわかると思います。

新築だけが住宅ではありません。既存の住宅をいかに活かすことができるのかが、今後の課題となっています。建て替えには多額の資金が必要ですが、おそらくそのような資金を出せる人というのは、限られています。

マンションや戸建住宅を人生に一度でも建てるだけでも大変だという時代に、建て替えに資金を出せる人は少ないということなのです。建物には寿命が来るわけですから、今後は需要が増えてくると思います。

もちろん再生という意味でも社会的な意義というのは大変ある行為であると思います。将来的には100年住宅というのが、当たり前になってくるのではないかと思います。

そのような意識付けというのができてくれば、リノベーションで新しい住まいを作りなおし、住宅に多額のお金をかけないで、快適に暮らすという住居に関しての一定のパターンができてくるのかもしれません。

さらに技術が向上してくると、建て替えの問題や資産価値の問題、都市部の廃墟マンションなどの問題も解決できるのでないかと考えています。