胃腸を強くする方法.com » 産後の対応

産後の対応

カイロプラクティックで人気のある治療メニューとして、産後の骨盤矯正があります。産後の体調管理は婦人科でもアドバイスを受けることが可能ですが、やはりそれなりに専門の治療を受けるというほどには至りません。

しかしカイロプラクティックであれば復調にとても大切な骨盤に注目して治療を受けることができますので、やはりメリットは相当に高いだろう、と考える方が多いようです。またこのカイロプラクティックは様々な症状や状態にとって有効です。

なかなか体重が戻らなかったり、骨盤の周囲に痛みがある、膝や股関節に痛みがある、頭痛や肩凝り、腰痛などがひどくなった、腰が痛くて仰向けの状態で寝ることができない、このような方がよく治療を受けているようです。

妊娠すると、リラキシンと呼ばれるホルモンが分泌を始めます。これは靭帯の結合を緩める作用があり、このことで骨盤が緩んで赤ちゃんがスムーズに産道を通れるような準備を始めますが、リラキシンの分泌は出産後にすぐには収まりません。

つまり骨盤は緩んだままの状態です。この状態で赤ちゃんを抱っこしたりして妊娠から出産までの期間よりも身体に負担が増えてくると、骨盤には無理な力がかかってしまい、ゆがみを生じてしまいます。

またお腹が大きくなると重心が悪化して腰を反るような姿勢になりますが、この反り腰のままだと骨盤が前傾し、腹筋が伸ばされて腰の筋肉は収縮したままになります。

このことで腰痛が起こりやすい状態ですので、筋肉をしっかり緩めることも大切です。カイロプラクティックでの骨盤調整は、1ヶ月以内くらいがスタート時期として無難です。

また約半年程度調整にかかる方が多く、月に1回程度のペースでも充分と言われています。また1回でも改善する方もいますが、調子が悪い場合は無理をしないで複数回のカイロプラクティック施術を受けたほうが無難です。

出産は生活環境を大きく変える大事な事件ですので、生活環境に慣れていくことも大切です。