胃腸を強くする方法.com » 整体院の開業について

整体院の開業について

整体といえば、人間の「脊椎・骨盤・肩甲骨・上肢・下肢」といった身体全体の骨格や関節の歪み・ズレを矯正することを目的として、骨格筋の調整などを手足を使った手技と補助道具用いて行う医業類似行為の一種であるとされる。

俗に、「整体術」、「整体法」、「整体療法」と呼ばれています。それらの処置が行われているのが「整体院」ですが、整体院を開業するには、どういった準備が必要なのでしょうか。

整体院としてやっていくための資格についてですが、「整体師」は「民間資格」に分類されています。「民間資格」とは、民間団体などが、団体それぞれの「独自の審査基準」に従って、任意で与えられる資格のことを言います。

その中には、級別に水準を示している「検定」と呼ばれるものもあります(英語検定など)。これらについては、法令で規定されているものではありません。

そのため、業界によって一定の能力担保がされていると認知される資格から、「資格商法」と称されるようなかたちで与えられている、社会において評価がほとんど存在しないようなものまで、その種類は多岐にわたります。

つまり、極端な例を挙げると、「明日から整体師になって整体院開業するわ」というようなことも、一応は可能となります。

しかし整体院を経営するのならば本格的な勉強が必要でしょう。整体を本格的に行うには、解剖学・生理学などの基礎医学の知識を習得した上で、整体の独自の特殊技術(手技マニュピレーション・背骨矯正)などといった専門的なスキルを身につけなければなりません。

無資格で整体院を開業しても違法にはならないでしょうが、患者さんの信頼は得られないでしょうし、すぐに整体院の経営が追いつかなくなるでしょう。

また、整体は「実践経験がすべて」とされており、整体スクール・講座を利用して必要な知識と技術を習得し、それを反復練習などを行い、完全なものとしなければならないのです。