胃腸を強くする方法.com » 広範脊柱管狭窄症

広範脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症にも種類があるということをご存知の方もいらっしゃるでしょう。広範脊柱管狭窄症とは、頚椎や胸椎、腰椎のうちで、2箇所以上の部位で脊柱管が狭窄されてしまった状態を言います。

組み合わせとしてもっとも多いのが、頚椎と腰椎の合併した症状のようでうすが、男女の比率においては、男性が約倍の比率の高さを持っているようです。

また脊柱管狭窄症の原因としては加齢によるもの、先天性のもの、そしてやはり普段の生活における悪い姿勢というものも関わってくるようです。

特に加齢によるものの中でも、少しは悪い姿勢というものがその勢いを加速している実例は多いでしょう。少しの悪い姿勢というものが積み重なるということはやはりどんな職業の方にとっても言えることではないでしょうか?

その症状ですが、足ばかりではなく手のしびれなども起こるということですので、一掃仕事には負担をかけてしまうことになるでしょう。力が入らず、脱力感を持ちながらも生活するということは並大抵の努力では成し得ないでしょう。

間欠跛行や排泄における障害もあり、ほぼ寝たきりになる直前の症状といっても過言ではないでしょう。保存療法で治るのか?と質問される場合も多いようですが、注射や鎮痛剤などは一時の気休めであり、手術することが必須ではないかとおっしゃる方も多いようです。

腰部脊柱管狭窄症では全脊柱のX線検査が必須とのことですので、大きな病院などで見てもらい、そのまま入院されるケースが多いようです。

また、転倒などの外傷により症状は悪化することが多いようですので、より安全な処置というものが必要になりますが、これほどデリケートであれば、入院をされることが望ましいでしょう。

厚労省の特定疾患、難病に指定されているとのことですので、治療費の自己負担分についても大部分が公費での支払いとなりますので、できれば治療を受けることが最善で、リハビリをするにも専門医のアドバイスが必須と思われます。