胃腸を強くする方法.com » 副作用の問題

副作用の問題

肩こりや腰痛などの激しい痛みを感じているのにも関わらずに我慢していることは健康にとってとても良くありません。痛みは酷いときには学校に行けなくなってしまったり、仕事に集中することが困難になってしまう場合もあるので、十分に日常生活を脅かす存在だということができます。

ですが、鎮痛剤などを使用するのは副作用が心配だという方もいることでしょう。そんな時のために神経ブロック注射というものがあります。

神経ブロック注射という言葉を初めて聞く方もいるのではないでしょうか。神経ブロック注射とは、神経の道筋にある神経伝達路という経路に局所麻酔の薬を注入することで、痛みを取り除いていくことを指します。

それと同時に血流を良くすることによって、痛みを取り除くことができ、症状に対しての効果が見込めるという仕組みです。神経ブロック注射による治療は保存療法と言えます。しかし、効果が大きいために手術による治療法と非侵襲敵保存療法の中間にあたる位置づけとされています。

注意しなければならないことがこの治療にはあって、麻酔の効果が薄れることで、再び症状が発生してしまう可能性があるということを覚えておいてください。注射の針は、目的の神経に刺すか、その近傍に針を刺していきます。

神経ブロック注射のメリットはやはり、目的の神経を選択してブロックを行うことができるということです。しかも、神経を選択しているということで、少ない薬剤を投与するだけで、痛みを緩和することが可能になっています。

また、障害が引き起こされている部分にだけ効果が発揮されるので、副作用のリスクが少なくなっています。

ただ、副作用が少ないといっても神経ブロック注射を行なうことで、痛みの症状を緩和することができますが、根本的な解決にはなっていません。痛みがなくなったからといって神経ブロック注射などの治療を止めてしまわないようにしましょう。