胃腸を強くする方法.com » vdt症候群とは?

vdt症候群とは?

vdt症候群とは、パソコンや携帯電話を多用することで起こる、目の疲れやストレス、肩凝りなどの不快な症状です。

一日中パソコンを相手にしなければならないため、目の疲れがたまりがちであったり、疲れ目、肩凝りなどが一緒に襲ってくるなど、特にパソコン系の作業が多い方がよくかかる症状です。

vdtとは、Visual Display Terminal、つまり情報端末を意味しますが、最近ではスマートフォンや携帯電話、またポータブルゲームなども含まれます。

一日のうちでどれくらいの使用があれば危険なのかについては、オフイスで5時間以上、また自宅でも2時間は使用しているという場合は症状がすでに出ていることを疑って問題ないと思います。

またvdt症候群では、目のトラブルを持つ方が圧倒的に多く、その90パーセント以上の方は目の不快感を持っています。首や肩凝りなどの慢性的な症状がある方も70パーセントを超えるそうです。

モニターを長時間注視し、またキーボードやマウスなどを長時間使用していると、目や肩、腰などへの負担が増してきます。

腰にしびれが起こったり、腰痛なども起こりやすくなり、また処理速度を改善させたり、高度な判断力なども必要になるため、精神的な疲労についてもケアしなければなりません。

vdt症候群が進行すると、治療が必要になってくる場合、つまりVDT関連疾患と認定される場合もあります。ここまで進んでくる前に、できるだけ早く対策を施すことが大切です。

また大手のIT企業では、このVDTに関する健康診断を定期的に実施し、社員のvdt作業に関してのデータをチェックすることで、配属や配置などの面でも役立てるように活用されているところがあります。

このような健康診断では、業務履歴を調査したり、眼精疲労の症状などの既往歴や自覚症状の調査、視科学的検査や筋骨格系の他覚的検査なども行われます。個人で治療を受ける場合は、眼科や整形外科、内科や心療内科など、人によってまちまちです。

ピルの年齢制限