胃腸を強くする方法.com » 手術について

手術について

椎間板ヘルニアにおいて、ヘルニアになってしまった状態を改善するには手術をするしかありません。一般的にこの改善に用いられる保存療法では患部が悪化するのを防ぎ、出来るだけ症状を和らげることを目的とし様々な手法で治療を行いますが、ヘルニアが元通りになるということはないからです。

そしてこの治療において、近年注目されている手法にレーザーを用いた手術があります。レーザーの特徴はなんといっても人間の身体への負担、つまりは侵襲がとても小さいことが挙げられます。

椎間板ヘルニアにおいて通常保存療法が多く用いられる理由の一つとして、手術となるとどうしても身体に負担がかかってしまうからです。

特に頚椎で発生する場合には高齢者において多く発生すると言われていますが、高齢者の身体に麻酔を用いて切開するとなると、患者の体力面での不安が付きまといます。

そんな中注目されているレーザー治療ではレーザーを用いることによって日帰りが可能な程身体にかかる侵襲が少ないのです。

しかし、椎間板ヘルニアの症状が重度になってしまうとそれほど治療効率が上がらないとされ、レーザーでの執刀は初期の状態に適用されるものとなっています。

レーザー治療が行うことが出来ない程の患部が悪化した状態となりますと、当然ながら他の手法が適用され、例えば椎間板ヘルニアによって神経が圧迫されている状態を椎弓と呼ばれている部位を切開することで改善する手法である椎弓切除術があります。

こちらは椎間板ヘルニアによって広範囲の神経が圧迫されてしまっている状態に用いられています。

さらに他にも頚椎前方固定術や椎弓形成術といった手法がありますが、これらについても同様にメリットやデメリットが存在しています。実際に受ける前に、それらをしっかりと考慮することが必要となります。