胃腸を強くする方法.com » レーザー治療とは

レーザー治療とは

腰椎椎間板ヘルニアのレーザー治療といえば、最も有名なのがPLDDです。

PLDDは経皮的レーザー椎間板減圧術のことで、整形外科での保存療法をしても効果がみられない場合などに、レーザー機械を用いて、椎間板の中央部にある髄核部分をレーザー照射し、レーザーが発する熱で髄核の一部を焼いて蒸発させてしまうことで椎間板内圧を下げ、結果として神経への圧迫を軽減させる椎間板ヘルニアの治療方法です。

治療時間は15分程度ですので、よくいわれる"日帰り治療”が可能になります。また、治療に使われる針も細い針のため出血がほとんどありません。つまり、低侵襲で副作用が少ないというメリットがあります。

椎間板ヘルニアの苦しみは正に筆舌に尽くしがたいもの、と言われます。特に腰椎椎間板ヘルニアの神経症状は苦しんだ方でなければ決してわからないものです。

この苦しみを少しでも短くする為に、レーザー治療はとても有効です。椎間板ヘルニアに対しての効果のあるなし、の判断も重要ですが、ほとんどはMRIで撮影をして適用内かを確認してから施術します。

PLDDは保険適用ができないことでも有名です。つまり椎間板ヘルニア患者さんの全額自費治療になります。またこのことから敬遠される場合も多いようです。

費用は20万円から50万円と開きがありますが、多くの椎間板ヘルニア患者さんはメディカルローンを利用したり、クレジットカードをとっさに使用するという場合も多いようです。本当に効果があるかどうか、ということでも一考の必要がありますので、改善率などを確認してから治療に当たるのも大切になってきます。

レーザー治療はこのようにメリットもデメリットもあります、、レーザー治療に最も適しているのは、会社を休むことはできない、というような立場の働き盛りの方だと思います。

また、費用の高さは、設備の高さに比例するというのが常ですので、安いところを選ぶばかりが得、ということには決してなりません。古いレーザー設備を使用することにより椎間板ヘルニアに改善が見られないケースは多くあります。