胃腸を強くする方法.com » お薦め情報

お薦め情報











その他・お薦め情報

胃腸と冷え性の関係について

冷え症で胃腸の調子が悪くなるという事があるのをご存じですか?

女性の方で冷え症だと言う方は多いですよね。もちろん男性でも冷え性の方はいます。冷え症だと足や手、腰やお腹の部分などが冷えてなかなかあたたまらず寒さを感じます。体が冷えてしまうと胃腸の働きが悪くなります。胃や腸の調子が悪いなと思った時にお腹のあたりを触ってみましょう。

触ってみるとひんやりとして冷たいはずです。夏場にクーラーの良く聞いた場所で冷たい飲み物や食べ物を摂取しすぎると食欲不振になったりするのも消化器官腸が冷えてしまい調子が悪くなっているということなのです。

冷え症で血行が悪くなると内臓の機能がうまく働かなくなるだけではありません。内臓はすぐ隣の内臓や器官に密着しているため1つの臓器がひえるとまわりの臓器も冷えてきてしまうのです。

そんな時は胃や腸を温めましょう。温める方法としては、時間があればぬるめのお湯でじっくり半身浴をして胃や腸を温めるとじっくりと体の中から温められます。

そんなにゆっくりしている時間がないという人には 使い捨カイロや電子レンジで温められるカイロで腰やお腹を温めます。

これなら 手軽に出来ますね。会社や学校などに行く時にも使い捨てカイロなら持って行けますし、薬局などで手軽な値段で購入できます。冷え性の人は食事にも気を付けてみましょう。カフェインや炭酸、アルコールなどは刺激になるので調子が良くなるまでは控えましょう。

温かい野菜スープなどを飲むと体の奥から温まりますね。また普段も冷え症で胃腸が弱い人は腹巻やタイツ、重ね着など手足やお腹や腰のまわりを冷やさない方がいいでしょう。

下半身を冷やすことは胃腸によくありません。温めてもすぐに良くならない場合で下痢や調子の悪い時は、少しの間食べることを控えて胃腸を休めてみましょう。

しばらくたってから野菜スープやりんごジュースなどを摂ってみると良いです。冷え症は本人にとって辛いものです。ずっと寒気がしたり、お腹が痛くなったりします。冷え症は体質でなかなか治らないと思われる方もいらっしゃいますが、根気よく体の中から治していきましょう。まず冷やさないことです。体を温めて血流がよくなれば 冷え性の悩みも徐々に改善されていくので 諦めずに冷え性を改善していきましょう。